2010年07月13日

3cmの不同沈下が、が、が…



やはり梅雨時期の工事は色々大変な事が多いですね〜。

雨が降ると外部の工事はできませんが、施工側としては

各業者さんの予定が狂うので、その調整作業が大変なようです。


100629_063110_400.jpg



床や天井をめくって、床下の湿気や、南側の床が3cmも下がってて、

基礎と構造の補強にもう少し時間が掛かりそうです。


100624_235616_400.jpg


先日、新しいキッチンとお風呂が使えるようになったので

100703_095718_400.jpg


工事現場の中で料理したり、ご飯食べたり、お風呂はいったり、


100704_062544_400.jpg


変なきぶんですよ。

100704_062621_400.jpg



最新設備(でもないですが…)もありがたいのですが、

愛犬家住宅としての私の希望の

1つ目は自然素材でありながら汚れや傷を修正しやすく、

体に優しいものを使う事です。

無垢の木は犬の爪後や猫の引っかき傷がつき易いのは確かです。

しかし、新建材の傷は補修剤で隠すしかありません。

無垢の木は少しくらいの傷は削れば蘇ります。

又、その傷もしだいに我が家の味となってくれることでしょう。

二つ目は、人と犬、犬と猫、犬と犬の緩やかな住み分けです。

自在な間仕切りをつかって、どう仕切るか頭を悩ましてます。


100625_230752_400.jpg



これから、リビング兼犬達の部屋と玄関からアプローチにかけて進めていきます。

もう暫くは、我が家の犬と猫、人の体やライフスタイルにあった

アイディアの模索を楽しみたいと思います。








posted by Bingo at 02:43| Comment(0) | 愛犬家住宅奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。